アジア発!大豆のチカラを世界へ

アジア発祥の大豆。アジア圏の人々は古くから工夫して、大豆食品をおいしく摂り入れていました。ここまでは前回のおさらい♪さて、そんな大豆がアジアを飛び出し、世界で栽培されるようになったきっかけとは・・・?

● 黒船が運んだ大豆!?
アメリカでは、江戸時代末期の黒船来航時に、ペリー艦隊が大豆を持ち帰ったことがきっかけで、栽培がはじまったという説があります。意外にも、栽培が本格化したのは20世紀に入ってからでした。

● 生産量にみる 大豆の世界への広まり
世界の大豆生産量アメリカに続き、ブラジルやアルゼンチンといった南アメリカでも栽培されるようになった大豆。その後、驚異的なスピードで生産量を伸ばし、長い間世界一を誇っていた中国を追い抜きました。

● 予想外!大豆の使いみち
しかし、これらの国々において、「豆」として食べられる大豆はごくわずか・・・。
・大豆の脂肪分を絞ってサラダ油の原料にする
・脂肪分を取り出したあとの「脱脂大豆」を家畜のエサにする
といった利用法が大半を占めています。大豆が食品としては定着していないように見受けられます。

それでも近年、アメリカなどの健康ブームにより、豆乳や豆腐といった大豆食品が少しずつ受け入れられています。栄養豊富かつヘルシーな大豆が、世界においてもっと親しまれる存在になるとうれしいですね!


\めいらく調査隊よりお知らせ/
スジャータから豆乳飲料が新発売!豆乳に苦手意識のある方、はじめて挑戦する方にもぴったりの飲みやすい味わいです。もちろん、こだわりの有機大豆使用!製品情報は画像をクリックで☆

有機大豆使用麦芽コーヒー

有機大豆使用バナナ

有機大豆使用きなこ

私のおすすめは「きなこ」です♪香ばしさがクセになります。皆さんもお気に入りのフレーバーを見つけてくださいね(*^^)v (りーさん)

キャップが付いているので、飲みきれない時やお料理の時使い切れなくても、保存ができるのでとっても便利です!(ずっきー)

投稿者:

めいらく調査隊

スジャータめいらくグループ めいらく調査隊のメルマガ連載コラムです。