豆乳・大豆飲料を飲み比べてみよう!

近年、豆乳・大豆飲料のラインナップが増えています。
当社でもとても好評で、続々と新商品が発売されています。

調査隊では、豆乳・大豆飲料の中から、新商品の2種類と、ロングセラーの2種類、計4種類を飲み比べてみました。

さて、調査隊の反応は・・・?感想は下記のとおり。

「おいしい調製豆乳」おいしい調製豆乳
名前の通りのおいしさにびっくり!豆の渋みを感じさせない自然な風味。
アレンジドリンクやお料理よりも、そのままでの飲用をおすすめします☆

りーさん

イチオシ!りーさん小
「グリーンMIX  豆乳飲料」グリーンMIX 豆乳飲料
とてもさわやかで後味がすっきりしています!
暑くなるこれからの季節におすすめの飲料です★

朝倉 

イチオシ!
朝倉さん小
 「豆腐もできます  有機豆乳」
プリズマ有機豆乳

豆腐のような味わいで、慣れると病みつきになります。そのまま飲む以外に、豆腐作り、お料理にも大活躍で、家に常備しています。

つばさ

イチオシ!つばさ小
 「豆乳+おから  のむ大豆」
プリズマ のむ大豆

のむ大豆特有のとろりとした口当たりが、最大の特長です。
濃厚ですがとても飲みやすく、軽いお食事の代わりにも最適です。

ずっきー

イチオシ!ずっきー小

因みに、おいしい調製豆乳と定番の調製豆乳(900ml、500ml)を比較してみました。
★おいしい調製豆乳は、香りが良く、豆乳が苦手な方でもおいしく飲める!
★調製豆乳は、カルシウムやビタミンDが多く、栄養補給に良い!
という結果になりました。♪

この他、有機大豆を使用した、コーヒーバナナきなこ味などの豆乳飲料も好評発売中です。
皆さんも色んな種類の中からお気に入りの1本をぜひ見つけてください(^^)

「豆乳+おから のむ大豆」の正体は?

近年、健康意識の高まりと共に、豆乳や大豆飲料の消費量が増えてきています。
それを受けて当社では、無調整豆乳、調製豆乳、コーヒーやバナナ、きなこ味の豆乳飲料など様々なラインナップを取り揃えています♪

今回は、その中で「豆乳+おから のむ大豆」をピックアップ!
気になる点を解説します。

のむ大豆説明図Q,豆乳と何が違うの?
A,
豆乳は、大豆を搾っておからを取り除いたものですが、のむ大豆は、大豆を丸ごと使用しています。
のむ大豆は、豆乳には含まれないおから成分を含んでおり、豆乳よりトロッとしています。

Q,どんな味がするの?
A,
味付けは一切しておらず、大豆の濃厚な味わいです。この濃厚さに病みつきになる方も多いです!

Q,どんな栄養分が含まれているの?のむ大豆の栄養
A,
のむ大豆には、おからに含まれる栄養分(食物繊維やビタミン、ミネラル)が含まれており、大豆の栄養を丸ごと摂れます。また女性に嬉しいイソフラボン、レシチン、サポニンなども豆乳より多く含まれています。(自社製品比較)

Q,美味しい飲み方は?
A,
そのままで飲みにくい方は、バナナやヨーグルト、または果実酢や蜂蜜などと混ぜると、スムージーのようで飲みやすくなります。
また、お料理に生クリームの代わりに活用することで、美味しくヘルシーに仕上がります。
のむ大豆レシピ
大容量900mlサイズと、キャップ付で持ち運びにも便利な330mlサイズも新登場!
「豆乳+おから のむ大豆」

お求めはスーパー、量販店、またはオンラインショップにて♪

マメの小話

●「大きい豆」と「小さい豆」

大きい豆とは「大豆」、小さい豆とは「小豆」のことです。

なぜ「大きい豆」と書いて「大豆」なのでしょうか。
さまざまな説がありますが、人間が工夫して育てていく中でどんどん大きい豆になったためと言われています。大いなる豆

また、「大いなる豆」、つまり、偉大な、立派な豆という意味から名づけられたという説もあります。
魔除けの力があるとされ、栄養豊富な豆なので納得ですね☆

大いなる豆と言われる大豆の豊富な栄養を、スジャータの豆乳・大豆飲料で摂り入れましょう!!


では、「小豆」はどうでしょうか。
古代では大きい豆に対して小さい豆全般を「小豆」と書き、「しょうず」「あずき」と呼んでいたそうです。
そのため、昔の「小豆」は必ずしも現在の小豆(あずき)のことを指すわけではないそうです。

●豆腐はくさっていないのになぜ豆「腐」?

大豆は中国から伝来したと言われています。
豆腐も中国で作られたと言われています。

古代、今でいうモンゴルに住む人々が牛や羊の乳から作るヨーグルトなどの乳製品を、中国では「乳腐」と呼んでいました。
豆腐は「乳腐」を参考にして、大豆で作った食品なので「豆腐」と書くようになったようです。

もうすぐ節分!豆まきの豆知識

●節分は1年に4回!?
節分には「季節を分ける」という意味があります。今では毎年2月3日頃、立春の前日のみを指すようになりましたが、本来、季節の変わり目を示す、立春・立夏・立秋・立冬の前日はいずれも節分です。豆まき

●豆まきで無病息災
昔は季節の変わり目に、疫病や災害に悩まされることが多くあったといいます。そこで始まったのが、災いを鬼に見立て、豆をまいて追いはらう儀式でした。

~~でも、どうして豆? それも大豆なのでしょうか??~~

◎魔滅→豆
古くから大豆には、魔除けの力があると信じられてきました。さらに、豆は当て字で「魔滅(まめ)」と書き表すことができます。<魔を滅ぼす>という縁起担ぎが一説にあるそうです。

◎魔目→豆
鬼退治にまつわる昔話で、大豆を鬼の目に投げつけ退治したというものがあります。そこから「魔目(まめ)」と豆が結び付いたともいわれています。

◎忠実→豆
豆まきが終わると、自分の年齢、もしくは1を加えた数の豆を食べる慣習があります。豆を食べて「忠実(まめ)」になろうという願いが込められているそうです。
※忠実(まめ)・・・〈体が丈夫であること〉を意味の一つに含みます。

事実として、栄養豊富で、特にたんぱく質に優れた大豆。ただし、年齢に合った数の豆を食べるというのもなかなか大変ですよね。そこでおすすめしたいのが、スジャータの豆乳・大豆飲料! 年の数以上の大豆の栄養を手軽に摂り入れることができます。
豆乳・大豆飲料

節分に豆乳を飲んで「忠実(まめ)」を目指しませんか?(*^^*)

アジア発!大豆のチカラを世界へ

アジア発祥の大豆。アジア圏の人々は古くから工夫して、大豆食品をおいしく摂り入れていました。ここまでは前回のおさらい♪さて、そんな大豆がアジアを飛び出し、世界で栽培されるようになったきっかけとは・・・?

● 黒船が運んだ大豆!?
アメリカでは、江戸時代末期の黒船来航時に、ペリー艦隊が大豆を持ち帰ったことがきっかけで、栽培がはじまったという説があります。意外にも、栽培が本格化したのは20世紀に入ってからでした。

● 生産量にみる 大豆の世界への広まり
世界の大豆生産量アメリカに続き、ブラジルやアルゼンチンといった南アメリカでも栽培されるようになった大豆。その後、驚異的なスピードで生産量を伸ばし、長い間世界一を誇っていた中国を追い抜きました。

● 予想外!大豆の使いみち
しかし、これらの国々において、「豆」として食べられる大豆はごくわずか・・・。
・大豆の脂肪分を絞ってサラダ油の原料にする
・脂肪分を取り出したあとの「脱脂大豆」を家畜のエサにする
といった利用法が大半を占めています。大豆が食品としては定着していないように見受けられます。

それでも近年、アメリカなどの健康ブームにより、豆乳や豆腐といった大豆食品が少しずつ受け入れられています。栄養豊富かつヘルシーな大豆が、世界においてもっと親しまれる存在になるとうれしいですね!


\めいらく調査隊よりお知らせ/
スジャータから豆乳飲料が新発売!豆乳に苦手意識のある方、はじめて挑戦する方にもぴったりの飲みやすい味わいです。もちろん、こだわりの有機大豆使用!製品情報は画像をクリックで☆

有機大豆使用麦芽コーヒー

有機大豆使用バナナ

有機大豆使用きなこ

私のおすすめは「きなこ」です♪香ばしさがクセになります。皆さんもお気に入りのフレーバーを見つけてくださいね(*^^)v (りーさん)

キャップが付いているので、飲みきれない時やお料理の時使い切れなくても、保存ができるのでとっても便利です!(ずっきー)

ダイズ in アジア

大豆はいつ、どこからやってきたのでしょうか?

諸説ありますが、紀元前2000年以前より、中国で栽培されていたといわれています。やがて、朝鮮半島や東南アジアに広まり、日本にも弥生時代には伝来していたと考えられています。

大豆は古くから、アジア圏の人々に親しまれていたようですね。

しかし、生のままの大豆は独特の臭みが強く、消化不良を起こす原因にも・・・。そのため、アジア圏、特に東アジア・東南アジアを中心とする各地域では、調理・加工に工夫を凝らした大豆食品が定着しています。例えば↓

●豆花(トウファ)・・・台湾
豆花豆乳を固めて作った柔らかなプリンのようなもの。黒糖シロップをかける、果物を添えるなど、いろんな食べ方を楽しめます。台湾ではデザートや軽食としてお馴染みです。
有機豆乳を使った「豆花」風のアレンジ豆腐!レシピはこちら

●腐乳(フウルウ)・・・中国腐乳
豆腐を塩漬け発酵させたもの。お粥に入れる、炒め物に加えるなど、主に調味料として使われます。〈豆腐のブルーチーズ〉と呼ばれるクセのある匂い・風味が特徴です。

●テンペ・・・インドネシア
テンペゆでた大豆を「テンペ菌」という白カビの一種で発酵させたもの。〈インドネシアの納豆〉と呼ばれることも。製造方法は似ていますが、納豆のような匂いや粘りはなく、クセのない味をしています。

地域独特の大豆食品はこれら以外にも数多く存在します。アジア圏の人々はそれぞれに工夫して、大豆の豊富な栄養をおいしく摂り入れていたのですね!


アジア発の大豆ですが、どのように世界に広まっていったのでしょうか?アメリカでは、黒船来航時にペリー艦隊が大豆を持ち帰ったことがきっかけで、栽培がはじまったって本当??

続きは来月のマメの豆知識にて。どうぞお楽しみに☆

 

 

豆の日って?鬼まんじゅうって?

10月13日は「豆の日」です。豆の日
昔の日本には、十五夜の他に旧暦の9月13日の「十三夜」にもお月見の風習がありました。
この時期に収穫される作物として豆をお供えして食べる習わしがあり、十三夜は「豆名月」とも呼ばれています。

全国豆類振興会は、豆名月にちなんで「豆の日」を制定しました。旧暦の9月13日は新暦にすると年によって日付が変わるため、月遅れの10月13日を「豆の日」に、10月を「豆月間」としました。


◆  あなたは知っている?「鬼まんじゅう」
鬼まんじゅうは、愛知県周辺で食べられている、さつまいもを沢山使用したおやつです♪学校給食に出たり、家庭で作ったりと、愛知県周辺ではお馴染みです。

今回、めいらく調査隊は、豆乳を使用して作ってみました(*^^*)
豆乳を使用することで、コクや旨みがプラスされ、イソフラボンやたんぱく質など栄養価もアップします!

鬼まんじゅう めいらく

◆  材料(8~10個分) と作り方

 有機豆乳 100ml
 さつまいも 280g
 砂糖 50g
 薄力粉 120g
 ベーキングパウダー 5g
 塩 ひとつまみ
  1. さつまいもは皮をむき、1cm位の角切りにして水にさらします。
  2. ボールに砂糖と塩を混ぜ、水気をきった<1>を加え、よく混ぜます。
  3. 別のボールに薄力粉、ベーキングパウダー、豆乳を入れて混ぜ、<2>を加えて混ぜます。
  4. <3>を8~10等分にして、オーブン用シートに乗せ、中~強火の蒸し器で10分位蒸したら出来上がりです。
    ※お好みでりんごやレーズンを加えても美味しいです♪

めいらく調査隊の感想は!

私は鬼まんじゅうを初めて食べたのですが、もちもちとしていて、とても美味しかったです!
具材がごろっと入っていて、食べ応えがあり、おやつにぴったりですね♪(ずっきー)

さつまいもの甘さが感じられてとても美味しいです (*^-^*)
幅広い年代におすすめです!(朝倉さん)


10月13日の豆の日には、豆乳で作った鬼まんじゅうを食べながらお月見をしてみませんか?

何がどうスゴイ? 大豆のたんぱく質

栄養豊富な大豆。なかでも特筆すべきはたんぱく質でしょう。
大豆は肉や魚に匹敵するほど高たんぱくな食べ物です。だから「畑の肉」と呼ばれるのですね!

●たんぱく質が体をつくる!?
筋肉や内臓といった体の大部分を構成するのが、たんぱく質です。
丈夫な体づくりに欠かせないため、成長期のお子様はもちろん、どの世代にとっても重要な栄養素といえます。

●たんぱく質からアミノ酸へ
たんぱく質は、体内で「アミノ酸」という物質にかたちを変えます。
人間の体に必要なアミノ酸は全部で20種類。そのうち9種類は、「必須アミノ酸」9種の必須アミノ酸と呼ばれ、体内で作り出すことができないものです。よって、食べ物から摂取する必要があります。

【 ここがスゴイ! 大豆のたんぱく質 】
大豆のたんぱく質は、9種類すべての必須アミノ酸をバランスよく含んだすぐれもの。豊富なだけでなく、良質であるというところがスゴイ!

スジャータの豆乳・大豆飲料なら、手軽に大豆のたんぱく質を摂り入れることができます☆


前回の続きです♪ 大豆が入っている袋のようなものとは一体…?

これは「さや」と呼ばれるもので、大豆と繋がっています。人間の赤ちゃんが“へそ”でお母さんと繋がっているのと同じイメージ。大豆はさやから栄養分を受け取って育ちます。

ちなみに、大豆が成熟する前の段階で収穫されたものが、枝豆です。

大豆のさや時が経ち、緑色をしていたさやが枯れた頃、ようやく大豆として収穫されます。それまでさやの中で、たくさんの栄養を得た大豆。私たち人間の“元気のチカラ”になる栄養を豊富に揃えているのも納得ですね☆

有機大豆の“有機”って何だろう?

皆さん、有機農作物とはどんなものかご存知ですか?マメ疑問

有機大豆などの有機農作物には
 ●2年以上、有機肥料で土地作りをした畑である
 ●禁止された化学肥料や農薬を使用しない
 ●遺伝子組換え技術を使用しない
などの厳しいきまりがあります。

有機大豆は、このような条件を充たしていることから、安全性が高く、身体にとても優しい食べ物といえるでしょう。


大豆は栄養バランスを補うのにぴったり♪
「畑の肉」と呼ばれるほど豊富なたんぱく質をはじめ、ビタミンやミネラルなど身体に必要な様々な栄養素が含まれています。マメコレステロール0
それなのに、コレステロールは「0」!!

でも、大豆ってあまり食べないな(>-<)
そんな方には、コップ1杯飲むだけの豆乳はいかがですか?
特に、有機丸大豆を100%使用したスジャータの豆乳はおすすめです♪
豆乳は体内での消化・吸収が良く、効率よく栄養成分を摂り入れることができます☆
簡単に飲める豆乳は、忙しい現代人にぴったり(^∀^)
健康が気になりはじめたら、毎日コップ1杯の豆乳習慣を始めてみませんか?
無調整「有機豆乳」はこちら 。 飲みやすい「調製豆乳」はこちら 。

マメはてな
最後に、大豆が入っている袋のようなもの、
何か分かりますか?

答えは次号をお楽しみに♪